english
JCDP

日記天候記録

日本全国の図書館・資料館等に保管されている江戸時代の日記は膨大な量になりますが、そこには毎日の天気が記載されているものが数多くあります。JCDPでは、日記記載の天候記録を公開しています。なお、本資料を用いて作成された学術論文・記事・番組等を公開される際には、文献(下記)と出典(JCDPとサイトのURL)を明記して下さい。

福眞吉美(2018):「弘前藩庁日記」のデータベース化とその意義.地学雑誌,127,565-568.[Fukuma,Y. (2018): Making the database of Hirosaki Clan Agency Diary and its significance. Journal of Geography(Chigaku Zasshi), 127, 565-568. (in Japanese with English abstract)]Fukuma2018JG

「弘前藩庁日記天候記録」(弘前市立図書館所蔵)について

福眞吉美氏(元・秋田気象台長)による『弘前藩庁日記ひろひよみ』《御国・江戸》CD-ROMが北方新社より出版されています。JCDPでは、福眞吉美氏と北方新社の許可を得て、そのすべてをPDFファイルで公開しています。なお、CD-ROMにはEXCELファイルも収録されています。

また、書評が「天気」(日本気象学会)に掲載されています。
本だな「弘前藩庁日記ひろひよみ:Vol.1 1661年~1740年」(財城真寿美, 2010)PDF
本だな「弘前藩庁日記ひろひよみ:Vol. 2  1741年~1868年」(平野淳平, 2014)PDF 

弘前藩庁御国日記

解説HhKaisetsu

弘前藩庁日記 御国 1661~1700

弘前藩庁日記 御国 1701~1740

弘前藩庁日記 御国 1741~1780

弘前藩庁日記 御国 1781~1820

弘前藩庁日記 御国 1821~1860

弘前藩庁日記 御国 1861~1868

弘前藩庁江戸日記 

解説HirosakiEdoNote

弘前藩庁日記 江戸 1661~1700

弘前藩庁日記 江戸 1701~1740

弘前藩庁日記 江戸 1741~1780

弘前藩庁日記 江戸 1781~1820

弘前藩庁日記 江戸 1821~1860

弘前藩庁日記 江戸 1861~1868

 

【出版情報】

福眞吉美著『弘前藩庁日記ひろひよみ』《御国・江戸》CD-ROM(北方新社)が発刊されています。
本CD-ROMでは、Vol.1とVol.2(御国日記:1661-1868)に加えて、江戸日記(1661-1868)に記載された毎日の天気、関連する気象災害、農事記録、生物季節等の抜粋記事がEXCEL、PDFで閲覧できます。

 

弘前「晴雨日記」の公開

1865年(元治元年)~1872年(明治5年)の弘前における毎日の天気(欠測あり)が記載された「晴雨日記」(弘前市立図書館所蔵)のデジタルデータを公開します。このデータは、福眞吉美氏(元秋田気象台長:故人)が作成されたもので、ご遺族の許可を得てあります。藩日記の後を継ぐ貴重なデータで、研究等に活用頂ければ幸いです。以下に、この日記の概要を記します。

晴雨日記とは
晴雨日記は、弘前藩士、工藤主膳(他山、富太郎、温克、拙斎、坦々斎等とも称す)の著作である。鎌倉幕府から派遣された工藤家の末裔かもしれない。他の名家としては、南北朝時代の忠臣として知られる北畠家がある位である。ただし、この日記の目的は、分からない。支配地の農作物の予想・把握などが予想される。本書に目的の記述がなくても、先述した、全国に多数ある同名日記の目的と同じかもしれない。
内容は、天保年間から明治5年まで存在し、途中に欠落もある。部分訳を行ったのは、「ひろひよみ」の欠落部分並びに記録がない(幕府がなくなった後)部分である。前者で2年余、後者で3年くらいが新たな情報となる。(福眞吉美記)

弘前晴雨日記1865~1872

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻るボタン