english
JCDP

気候復元データ

「気候復元データ」とは、気象観測データの得られない歴史時代の気温や日射量などを、日記の天気記録から統計学的手法で推定した数値データのことです。例えば、東日本では7月の平均気温・平均最高気温と降水日数の間には高い負の相関関係があります。そこで、気象観測データの得られる期間について、7月の降水日数と平均気温の関係を直線回帰式で表し、気象データの得られない歴史時代の日記から求められた降水日数を回帰式に代入すれば、毎年の7月平均気温を推定することができます。同様にして、冬季の降雪率から平均気温を推定することが可能です。復元期間が近隣の気象官署の観測期間と重なっている場合は、両者を比較することで推定気温の精度を検証することができます。

本ページでは、山形県(川西町)と東京(八王子市)における18世紀以降の気温復元データを公開しています。

下記のデータは自由にダウンロードできます。なお、これらデータを使用して論文等を出版される場合は、文献を引用するか本サイト(JCDP)とURL・日付を明記してください。


 

7月平均気温:八王子 (35.64N 139.30E)・東京管区気象台 (35.69N 139.76E) DATA

気象要素: 気温
データ期間: 1721-1941(八王子), 1876-2017(東京)
引用文献:Mikami, T., 1996. Long term variations of summer temperatures in Tokyo since 1721. Geographical Reports of Tokyo Metropolitan University 31: 157-165. PDF

 

7月平均最高気温:川西(38N 140E)・山形地方気象台 (38.26N 140.35E) DATA

気象要素: 気温
データ期間: 1830-1889(川西), 1889-2010(山形)
引用文献:平野淳平・大羽辰矢・森島済・財城真寿美・三上岳彦. 2013. 山形県川西町における古日記天候記録にもとづく1830年代以降の7月の気温変動復元. 地理学評論, 86A: 451-464.

 

冬季(12月~2月) 平均最低気温:川西 (38N 140E)・山形地方気象台 (38.26N 140.35E) DATA

気象要素: 気温
データ期間: 1831-1889(川西), 1889-2010(山形)
引用文献:平野淳平・大羽辰矢・森島済・三上岳彦, 2012. 山形県川西町における古日記天候記録にもとづく1830年代以降の冬季気温の復元. 地理学評論, 85A: 275-286.

トップへ戻るボタン