1853年7月8日、東京湾に現れたペリー艦隊の航海日誌に、江戸時代末期における1時間毎の気象観測記録が残されていました。

「ペリー艦隊による江戸時代末期の気象観測記録」